2008年07月19日

NHK連続テレビ小説「瞳」7/19・第96回「さよなら将太」

★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

NHK朝ドラ「瞳」で勝太郎さん(西田敏行)が瞳と子供たちに読んでくれた詩

★★★

NHK連続テレビ小説第16週「さよなら将太」7/19(土)第96回

将太(中村咲也)が伊豆大島へ行ってしまう前日

瞳(榮倉奈々)たちは洋品店の前で写真撮影・・夕飯は、エビフライにコロッケ・・

将太(中村咲也)勝太郎(西田敏行)さんは一緒にお風呂に入り、友梨亜(森迫永依)明(吉武怜朗)と七並べを楽しみます。

瞳(榮倉奈々)は、これまでの将太(中村咲也)との思い出を振り返る。

初めて会ったとき、舌をべーっと出されたこと・・

お母さんが亡くなって、タオルケットを口にくわえながら泣いていたこと・・

勝太郎(西田敏行)さんの家にいられなくなると思い失踪したこと・・

「瞳」第一週「月島へ」3/31〜4/5

うっかりタオルケットを失くしてしまい大騒動になったこと・・

「瞳」・第4週「勇気を出して」NHK連続テレビ小説「瞳」第15週「涙のタオルケット」

翌日・・・

将太(中村咲也)は、母・美紀恵(小池栄子)とともに伊豆大島へ・・

美紀恵(小池栄子)は、もう一度頑張ろうと思えたのは、瞳(榮倉奈々)のおかげだとお礼を言って帰っていきました。

ストリートダンス図鑑:


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第17週「ダンスイズライフ」

(07/18)NHK連続テレビ小説「瞳」第95回「僕を育ててくれてありがとうございました」
(07/17)NHK連続テレビ小説「瞳」第94回「普通がいい」
(07/16)NHK連続テレビ小説「瞳」第93回お母さんと一緒ならどこでもいいよ・
(07/15)NHK連続テレビ小説「瞳」第92回 「自分が子供を育てるときも、自分がどう育ててもらったかが関係あるんじゃない??」
(07/14)NHK連続テレビ小説「瞳」第91回「親子って難しいなー」


NHK連続テレビ小説「瞳」第15週「涙のタオルケット」

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」6/21〜6/26の話題

NHK連続テレビ小説「瞳」第14週「母、現れる」

★★★

★5/13(火)「スタジオパークからこんにちは」に百子(飯島直子)さんが出演
NHK「スタジオパークからこんにちは」に飯島直子さん登場、美しさを保つライフスタイルとは??

★★★



posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」第16週「さよなら将太」

2008年07月18日

NHK連続テレビ小説「瞳」第95回「僕を育ててくれてありがとうございました」

★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

NHK朝ドラ「瞳」で勝太郎さん(西田敏行)が瞳と子供たちに読んでくれた詩

★★★

NHK連続テレビ小説第16週「さよなら将太」7/18(金)第95回

将太(中村咲也)が一本木家を出るまであと3日となった。

「一日だけでも、将太(中村咲也)をどこかへ連れて行きたいな、僕の好きな場所も見せたいし・・瞳のバイト先の食堂でゴハン食べようよ!!」明(吉武怜朗)

「じゃー、みんなで連れまわしちゃおう・・」瞳(榮倉奈々)

12月24日・・

瞳(榮倉奈々)は、子供たち築地のバイト先ダンス学校に連れて行きます。

築地のバイト先明(吉武怜朗)くんは、

「築地の男は、皆誇りを持って働いているんだ、仕事に命をかけて一生懸命働くことが男の誇りなんだ、だから将太(中村咲也)もそんな男になれよ・・」

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」第18回「人間で一番大事なことは、誇りをもって生きてるってことだと思う」

★★★

ダンス学校・・・

「みんなこうやって一生懸命練習するんだよ、だから楽しいダンスを踊れるんだ・・」モボさん

Ray(レイ)(星崎玲子)さんも将太(中村咲也)たちを特別ゲストと紹介し、まゆげねこを皆で踊ったのでした・・

★★★

恵子(宇野美彩子)さんも加わってもんじゃも食べに行きました。

将太(中村咲也)の好物のカレーもんじゃ・・

★★★

夜は、長屋の人たちも集まってお別れ会・・・

「おじさんはおばさん??と質問されて人間よと答えたのよ」とバーローズのママ(篠井英介

将太(中村咲也)は「ありがとう」の作文を読み、まつりのママ(木の実ナナ)は、ケーキを焼いてきてくれました。

お別れ会のあと勝太郎(西田敏行)さんは・・アルバムを見ています


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

NHK連続テレビ小説「瞳」第94回「普通がいい」
NHK連続テレビ小説「瞳」第93回「お母さんと一緒ならどこでもいいよ・」
NHK連続テレビ小説「瞳」第92回 「一緒に暮らさないか・・もう寂しいのは終りにしよう」
NHK連続テレビ小説「瞳」第91回「親子って難しいなー」

NHK連続テレビ小説「瞳」第16週「さよなら将太」

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第87回「ちゃんと紹介してよ」

NHK連続テレビ小説「瞳」第86回「こうやればうまくいくなんていう法則はない・・いつも手探りです」

NHK連続テレビ小説「瞳」第85回「おかあさんと何を話したの??」

NHK連続テレビ小説「瞳」第15週「涙のタオルケット」

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」6/21〜6/26の話題

NHK連続テレビ小説「瞳」第14週「母、現れる」

★★★

★5/13(火)「スタジオパークからこんにちは」に百子(飯島直子)さんが出演
NHK「スタジオパークからこんにちは」に飯島直子さん登場、美しさを保つライフスタイルとは??

★★★

posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」第16週「さよなら将太」

2008年07月17日

NHK連続テレビ小説「瞳」第94回「普通がいい」

★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

NHK朝ドラ「瞳」で勝太郎さん(西田敏行)が瞳と子供たちに読んでくれた詩

★★★

NHK連続テレビ小説第16週「さよなら将太」7/18(木)第94回

将太(中村咲也)が伊豆大島に行くことになり、瞳(榮倉奈々)たちは寂しく感じていた。

利雄(田中健)と美紀恵(小池栄子)と、勝太郎(西田敏行)さん、瞳(榮倉奈々)が会う日がやってきました。

勝太郎(西田敏行)さんは・・

「こんな西部劇みたいな格好ですが、普段のままをみてもらおうと思いまして・・将太(中村咲也)のことは実の子だと思って育ててきました・・将太(中村咲也)のことは世界で一番よく知っている人間だと思っています・・

将太(中村咲也)はね、ナットウが大好きです・・

将太(中村咲也)はね、ピーマンが食べられなくて・・でもstrong>瞳(榮倉奈々)ピーマン大作戦を敢行しまして・・細切りにして・・そうすれば食べれます・・・

それから、嘘だけはつくなと言っています・・」

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」第18回「人間で一番大事なことは、誇りをもって生きてるってことだと思う」

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」第16回「嘘をつくと、人から信用されなくなる


利雄(田中健)さんは

「わかりました・・私も嘘をついたら怒ってやります・・立派に育ててもらいました・・会ってわかりました・・」

勝太郎(西田敏行)さんは、利雄(田中健)さんにシャツを贈りました。

利雄(田中健)さんは、自家製のとびうおの干物を勝太郎(西田敏行)さんへ・・

「本当にありがとうございました、しっかり立派に育てます。どうか見守ってください・・」利雄(田中健)さん。

★★★★

将太(中村咲也)のじいちゃん、いい人だったな、安心した・・さーて、あと一月、どうするか・・将太(中村咲也)明(吉武怜朗)友梨亜(森迫永依) に最高のいっぱいの思い出を作ってやりたい・・」と勝太郎(西田敏行)さん・・・・

★★★

夜、勝太郎(西田敏行)さんは、子供たち将太(中村咲也)が引っ越すことを伝え、一月のアイデアを募集します・・・

旅行??遊園地??

「僕、いい・・普通がいい、ここでゴハン食べて、笑ってけんかしていろんなことしたりするのがいい・・」将太(中村咲也)

「この一月、大事に暮らそうね・・・」

ひとつひとつのステップを覚えるように、喜びも悲しみも小さなことの積み重ねなのかもしれません・・



NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

NHK連続テレビ小説「瞳」第93回「お母さんと一緒ならどこでもいいよ・」
NHK連続テレビ小説「瞳」第92回 「一緒に暮らさないか・・もう寂しいのは終りにしよう」
NHK連続テレビ小説「瞳」第91回「親子って難しいなー」

NHK連続テレビ小説「瞳」第16週「さよなら将太」

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第87回「ちゃんと紹介してよ」

NHK連続テレビ小説「瞳」第86回「こうやればうまくいくなんていう法則はない・・いつも手探りです」

NHK連続テレビ小説「瞳」第85回「おかあさんと何を話したの??」

NHK連続テレビ小説「瞳」第15週「涙のタオルケット」

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」6/21〜6/26の話題

NHK連続テレビ小説「瞳」第14週「母、現れる」

★★★

★5/13(火)「スタジオパークからこんにちは」に百子(飯島直子)さんが出演
NHK「スタジオパークからこんにちは」に飯島直子さん登場、美しさを保つライフスタイルとは??

★★★

posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」第16週「さよなら将太」

2008年07月16日

NHK連続テレビ小説「瞳」第93回お母さんと一緒ならどこでもいいよ・

★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

NHK朝ドラ「瞳」で勝太郎さん(西田敏行)が瞳と子供たちに読んでくれた詩

★★★

NHK連続テレビ小説第16週「さよなら将太」7/17(水)第93回

利雄(田中健)と会った美紀恵(小池栄子)は、捨てられたときの真相を聞き、おまえのことは一日も忘れなかったといわれ感動する。

そして利雄(田中健)の提案を受け入れます。

二人は児童相談センターへ行き、事情を説明・・センターでは、大島まで行き、将太(中村咲也)くんの生活環境としてふさわしいかどうかを慎重に判断することになりました。

利雄(田中健)の収入や住居などを調査し議論を重ね、一本木家を訪れます。

「住環境が最高なんです、一軒家ですし、小学校も近くにありますし・・」

将太(中村咲也)くんの気持を確認したあとで、利雄(田中健)さんとも会う・・という段取りになりました・・

将太(中村咲也)くんは・・・

お母さんと一緒ならどこでもいいよ・・・」

★★★

百子(飯島直子)さんのマンションで・・

「いい決断したと思うわ・・世界で一番安心できる場所よ、美紀恵(小池栄子)さんや将太(中村咲也)くんにとって・・・」百子(飯島直子)さん・・

「寂しいなー」瞳(榮倉奈々)

「なに言ってるの、2時間かかんないよ、大阪より近いよ・・ここでは泣いてもいいわよ、でも将太(中村咲也)くんの前では笑顔でね・・」

★★★

小料理屋まつりで、勝太郎(西田敏行)さんも泣いています・・

「立派に将太(中村咲也)くんを育てた・・お疲れ様・・」ママ(木の実ナナ)

★★★

将太(中村咲也)くんと利雄(田中健)さんの体面の日・・

将太(中村咲也)くんか、おじいちゃんだよ・・」

「うん・・」とにっこり・・

その後、将太(中村咲也)くんと利雄(田中健)さんと美紀恵(小池栄子)さんは交流を重ねていきました。

養育家庭から実親へ生活が移ることを「措置解除」と言います。

様々な角度からの検討を経て「措置解除」への手続きが進められます。

将太(中村咲也)くんの引越しは12月26日、小学校の終業式の翌日と決まりました・・

そして、利雄(田中健)さんは、勝太郎(西田敏行)さんや瞳(榮倉奈々)に会ってお礼が言いたいという希望だそうです・・

★「まゆげねこ」日本語バージョンがお披露目されました・・


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者


NHK連続テレビ小説「瞳」第92回 「一緒に暮らさないか・・もう寂しいのは終りにしよう」
NHK連続テレビ小説「瞳」第91回「親子って難しいなー」

NHK連続テレビ小説「瞳」第16週「さよなら将太」


★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第87回「ちゃんと紹介してよ」

NHK連続テレビ小説「瞳」第86回「こうやればうまくいくなんていう法則はない・・いつも手探りです」

NHK連続テレビ小説「瞳」第85回「おかあさんと何を話したの??」

NHK連続テレビ小説「瞳」第15週「涙のタオルケット」

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」6/21〜6/26の話題

NHK連続テレビ小説「瞳」第14週「母、現れる」

★★★

★5/13(火)「スタジオパークからこんにちは」に百子(飯島直子)さんが出演
NHK「スタジオパークからこんにちは」に飯島直子さん登場、美しさを保つライフスタイルとは??

★★★

posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」第16週「さよなら将太」

2008年07月15日

NHK連続テレビ小説「瞳」第92回 「自分が子供を育てるときも、自分がどう育ててもらったかが関係あるんじゃない??」

★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

NHK朝ドラ「瞳」で勝太郎さん(西田敏行)が瞳と子供たちに読んでくれた詩

★★★

NHK連続テレビ小説第16週「さよなら将太」7/16(火)第92回

瞳(榮倉奈々)と喫茶店で会った美紀恵(小池栄子)は、突然涙した。

瞳(榮倉奈々)は喫茶店で流れてきた曲が利雄(田中健)の好きな曲だと聞く。

★★★

あんこ椿ってどういう意味??」瞳(榮倉奈々)

勇蔵(安田顕)さんは・・??

勇次郎(前田吟)さんは

「あんこってのは椿を採る娘さんのことだよ、大島ってのは椿が採れるだろう・・郵便だけだったから、3日遅れ・・・となるわけ・・」

数日後・・・美紀恵(小池栄子)さんは、

「父が懐かしいってわかって、父に連絡してみたの・・喜んでくれたみたいで・・一度東京に行くから会ってみようってことになったの。瞳(榮倉奈々)が勧めてくれたからよ、ありがとう・・」

と報告してくれました。

勝太郎(西田敏行)さんは

「上手くいくといいなー。難しいんだよ、父親と娘ってのは・・一度こじれちゃうとずーーーと続くからなーー」

勝太郎(西田敏行)さんは自分と百子(飯島直子)の関係に重ね合わせているようです・・

「じいちゃんとおかあさんのことじゃん」瞳(榮倉奈々)

「ダイジョーブ、ああいう親子ってのは滅多にいないから」と、翌日、森本食堂での会話です・・

まつりでは、ママ(木の実ナナ)

「自分が子供を育てるときも、自分がどう育ててもらったかが関係あるんじゃない??」

★★★

美紀恵(小池栄子)さんは19年ぶりに父・利男(田中健)との再会を果たす日・・・

「大人になったなー。すっかり女の人だ・・」

「どうして私を置いていったの??」

昭和61年、三原山の噴火で、島で漁をしている兄弟や親戚のために仕送りを続けていたが、2年続いたあと、生活は苦しくなったけど、利男(田中健)さんは、どうしても知らないふりは出来ず、離婚して島に帰ったというのが本当の理由でした・・

「お前のことは一日たりとも忘れなかった・・漁にでるときはいつもこの写真を持っていった・・本当に申し訳なかった・・許してくれるんなら、島で将太(中村咲也)くんも一緒に3人で暮らさないか・・・」・・利男(田中健)さんは、小学生の美紀恵(小池栄子)さんの写真を見せながら話します・・。


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

NHK連続テレビ小説「瞳」第91回「親子って難しいなー」

NHK連続テレビ小説「瞳」第16週「さよなら将太」

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第87回「ちゃんと紹介してよ」

NHK連続テレビ小説「瞳」第86回「こうやればうまくいくなんていう法則はない・・いつも手探りです」

NHK連続テレビ小説「瞳」第85回「おかあさんと何を話したの??」

NHK連続テレビ小説「瞳」第15週「涙のタオルケット」

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」6/21〜6/26の話題

NHK連続テレビ小説「瞳」第14週「母、現れる」

★★★

★5/13(火)「スタジオパークからこんにちは」に百子(飯島直子)さんが出演
NHK「スタジオパークからこんにちは」に飯島直子さん登場、美しさを保つライフスタイルとは??

★★★

posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」第16週「さよなら将太」

2008年07月14日

NHK連続テレビ小説「瞳」第91回「親子って難しいなー」

★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

NHK朝ドラ「瞳」で勝太郎さん(西田敏行)が瞳と子供たちに読んでくれた詩

★★★

NHK連続テレビ小説第16週「さよなら将太」7/14(月)第91回

将太(中村咲也)の母・美紀恵(小池栄子)は瞳(榮倉奈々)とともに、児童センターを訪れます。

泉谷(春田純一)は、もう一度将太(中村咲也)と暮らしたいというの母・美紀恵(小池栄子)に、心の整理をする時間が必要だと伝える。

瞳(榮倉奈々)若山(近藤正臣)さんに、将太(中村咲也)がタオルケットをにぎりしめていてもたってもいられなかったこと、婚約者から美紀恵(小池栄子)の住所を聞いていたことなど事情を説明

勝太郎(西田敏行)さんは、将太(中村咲也)

「おかあさんが忙しいのが終わって、また、将太(中村咲也)に会えるようになるよ、もう少し待ってね・・」

★★★

小料理屋「まつり」・・・

まつりのママ(木の実ナナ)

「親子の気持が通じたのよ・・それまではきっと、将太(中村咲也)のお母さんも負い目があったのよ・・何年もお母さんらしいことをしてなかったから、将太(中村咲也)くんに嫌われていると思って、いいお母さんになりますって自信を持っていえなかったんじゃないのかしら・・」

勝太郎(西田敏行)さんは

将太(中村咲也)もオカアサンに嫌われてるんだなんて言ってたなー。親子って難しいな・・」

★★★

11月になりました。

定番のナットウの朝ごはん・・子供たちは落ち着いた生活を続けています。

美紀恵(小池栄子)さんは、将太(中村咲也)くんとの絆を取り戻すため、井上さんたちとの面談を重ね、カウンセリングも受けるなど心のケアを続けています。

瞳(榮倉奈々)は児童相談センターの井上さんから連絡をもらい、美紀恵(小池栄子)さんに会いに行きました。

美紀恵(小池栄子)さんは、カウンセリングを続けることで、自分のことや、なぜ寂しがりやなのか、どうして人に頼ってばかりいるのかがわかってきたと話します。

「小4のとき父が出て行ったの、母が言うには東京がイヤでふるさとに帰っていったと・・。私は父に捨てられたの。離婚のあと、母がすぐ恋人ができたみたいで・・家に帰ってこなくなった・・寂しかったの・・将太(中村咲也)にも同じ思いをさせてしまったの・・母は18歳のときになくなった・・」

そのときスピーカーから流れ出す「アンコ椿は恋の花」、「この歌、父がよく歌っていたんです・・・」・・突然涙する美紀恵(小池栄子)。


「本当はお父さんに会いたいんじゃないですか??なにかあったとき家族って大切だと思います・・居場所がわかるなら、会ってみてもいいんじゃないですか??」瞳(榮倉奈々)

「ありがとう、でもやっぱり会えない・・」美紀恵(小池栄子)。


ストリートダンス図鑑:


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第87回「ちゃんと紹介してよ」

NHK連続テレビ小説「瞳」第86回「こうやればうまくいくなんていう法則はない・・いつも手探りです」

NHK連続テレビ小説「瞳」第85回「おかあさんと何を話したの??」

NHK連続テレビ小説「瞳」第15週「涙のタオルケット」

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」6/21〜6/26の話題

NHK連続テレビ小説「瞳」第14週「母、現れる」

★★★

★5/13(火)「スタジオパークからこんにちは」に百子(飯島直子)さんが出演
NHK「スタジオパークからこんにちは」に飯島直子さん登場、美しさを保つライフスタイルとは??

★★★

posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」第16週「さよなら将太」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。