2008年05月10日

NHK連続テレビ小説「瞳」第36回「両方やってあんただよ」

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

★★★
NHK連続テレビ小説第六週「がんばりすぎました」第36回5/10
(土)

★★★

「ダンスやりたいよー」と酔いつぶれた瞳(榮倉奈々)

「オハヨー、気がついたら布団の中で寝てたのー」と瞳(榮倉奈々)

「オレが迎えに行ったんだよ、あんた本当はダンスやめたくないんだ」勝太郎(西田敏行)さん

瞳(榮倉奈々)

「アタシは将太(中村咲也)たちのために頑張るって決めたの」

★★★

バイト先の森本食堂

「今日から完全復活!!またバリバリがんばりますー」と瞳(榮倉奈々)

「よっつ、じゃー・・さばみそだいどんちゅうたまましまし・・

大歓迎を受ける瞳(榮倉奈々)

お店の忙しさがひと段落したとき・・・Ray(レイ)(香子)がやってきました。

「萌ちゃんから聞いた・・ダンスやめようとしてんじゃないかって。色々全部、聞いたうえで言う、やめんなよ」

瞳(榮倉奈々)

「簡単に言うよー。あたしなりに頑張ってみました。でも両立は無理だったんです。」

Ray(レイ)(香子)は・・

「どっちもあんたがやりたいことなんでしょ。じゃあ分けて考えるなよ。両方やってあんただよ、アンタってゆう人間だよ。

オーデションのとき、ほかに上手い子は何人かいたの。けど面接であんたが言っていたことが心に響いたの。

「勉強が苦手でした・・部活も選手になれませんでした・・ダンスしかないと思って・・親が早くに離婚して一人の時間が長かったんです。高一の冬になにもかもイヤになったときがあって、一人で公園を歩いていたらダンスに出会ったんです。思いきって声をかけたら、仲間ができて・・すごく大事なものができました。寂しくなくなったし・・」
「NHK朝の連続テレビ小説「瞳」第8回「なにかもイヤになったときダンスに出会いました」」

そーゆー子は、なにがあってもダンスをやめないと思った。鍛えがいがあると思った。・・

この無料の大盛券、図々しい奴と思ったけど、そこがあんたのいいところ。図々しくダンスを続けなさいよ。体良くなったら、戻ってらっしゃい・・」

★★★

夕方、瞳(榮倉奈々)が家に戻ると・・・

「家事分担ミッション表」なるものが出来上がっていました。

3人の子供達が、瞳(榮倉奈々)の負担を軽くするために家事を協力してくれるのだそうです。

「踊っている瞳はかっこいいよ。」友梨亜(森迫永依)

「だから、ダンスやめんなよ、朝帰りはダメだけど・・」明(吉武怜朗)

翌日・・・ダンススクールに元気よく出かけた、瞳(榮倉奈々)でした。


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第7週「仲間になろうよ」


NHK連続テレビ小説「瞳」第35回「ダンスがやりたいよ」


NHK連続テレビ小説「瞳」第34回「ダンスやめるよ・・」

NHK連続テレビ小説「瞳」第33回「やるとなったらとことんやるからねー、考えてあげないと・・・」

NHK連続テレビ小説「瞳」第32回「待ってんのよ!!」

NHK連続テレビ小説「瞳」第31回「ダンスも子供達のこともバイトも頑張る!!」

来週のNHK連続テレビ小説「瞳」第7週「仲間になろうよ」

今週の瞳「頑張りすぎました」

先週の瞳「ダンスと花見」

榮倉奈々けんかで爆笑


★★★

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

榮倉奈々オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nana-eikura/

★★★



posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」・第6週「頑張りすぎました」

2008年05月09日

NHK連続テレビ小説「瞳」第35回「ダンスがやりたいよ」

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

★★★
NHK連続テレビ小説第六週「がんばりすぎました」第35回5/9(金)

「ダンスをやめるよ!!」瞳(榮倉奈々)

「ダンスをやりたい子はいっぱいいるけれど、じぃちゃんを助けて子供達を育てるのってあたしににかできない。世界中であたしひとり。

ダンスはまたいつかできるけど・・・将太(中村咲也)たちを育てるのは今しかできない・・

体験発表会に行って感動したの・・。じいちゃんと恵子さんも大変なことをひとつひとつ乗り越えて、実の親子以上の関係になれたの・・

私も将太(中村咲也)たちとそういう風になりたいな・・」

「いーのか、それで・・」と勝太郎(西田敏行)さん・・

「瞳、もんじゃ行こうよ、月島で語り合うときはもんじゃだよ^^」恵子(宇野実彩子)さん・・・

もんじゃ焼き「あにおとうと」で・・

「本当にいいの??ダンスやめちゃって・・」恵子(宇野実彩子)さん・・

瞳(榮倉奈々)は、杏巻きを作りながら、

「恵子さんだって言ってたじゃない、面倒をちゃんと見ろって。ダンスとウチのこと両方ちゃんとはできないの・・」

恵子(宇野実彩子)さんは・・

「なんかさ、アタシが悪いみたいで気分悪い・・つまりさ、なにかをあきらめうってのが嫌いなのよーー」

瞳(榮倉奈々)は・・

「杏巻きおいしいねーーー、おかわりぃ!!」

★★★

友永病院では・・ダンスをやめると話すと・・

仕事もダンスもウチのこともケンカも、とことんやらなきゃ気がすまない一本木家だねー。白黒つけたがる・・。もう少し折り合う按配を見つけんとなー

★★★

田中萌(鈴木聖奈)ちゃんが電話をくれました。

ダンスをやめるかもという瞳(榮倉奈々)に・・・

「だめだよーダンスをやめちゃ、ダンスをしている瞳ちゃんが好きだよ・・・」

話しが聞こえたのか・・ダンススクールでは、Ray(レイ)(香子)が心配して田中萌(鈴木聖奈)ちゃんから話しを聞こうとしていました。

★★★

一本木家、夕食後、瞳(榮倉奈々)は、「ラストダンスをしてくるよ」とバーローズに出かけていきました・・・

3人の子供達勝太郎(西田敏行)さんも・・心配しています

「ダンスをやめることはないと思うんだけど・・・」勝太郎(西田敏行)さん・

「瞳のダンスはかっこいいよ、やめないほうがいいと思うよ・・」と
明(吉武怜朗)

★★★

バーローズのママ(篠井英介)は、瞳(榮倉奈々)がダンスをやめるという話しを聞いて、一言・・

「やめられるもんなら、やめてごらん・・ダンスをやめて戻ってきた子を何人も知ってるわ」

結局、瞳(榮倉奈々)は、バーローズで酔いつぶれてしまいます。

ダンスがやりたいよーーーーーー!!!!」

★★★



★★★


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第34回「ダンスやめるよ・・」

NHK連続テレビ小説「瞳」第33回「やるとなったらとことんやるからねー、考えてあげないと・・・」

NHK連続テレビ小説「瞳」第32回「待ってんのよ!!」

NHK連続テレビ小説「瞳」第31回「ダンスも子供達のこともバイトも頑張る!!」

今週の瞳「頑張りすぎました」

先週の瞳「ダンスと花見」

榮倉奈々けんかで爆笑



★★★

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

榮倉奈々オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nana-eikura/

★★★




百子(飯島直子)さん・・


元里子・。


明(吉武怜朗)

友梨亜(森迫永依)

バイト先の森本食堂で、

勇蔵(安田顕)さんは、

3人の子供達

勇蔵(安田顕)さん

勇次郎(前田吟)さん

ウメ(菅井キン)さん・・・

まつりのママ(木の実ナナ)さん・・

萌(鈴木聖奈)

月島のヒーロー、もんじゃのまこちゃん(小倉久寛)

posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」・第6週「頑張りすぎました」

2008年05月08日

NHK連続テレビ小説「瞳」第34回「ダンスやめるよ・・」

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

★★★
NHK連続テレビ小説第六週「がんばりすぎました」第34回5/8(木)

養育家庭体験発表会」で児童相談センターの若山(近藤正臣)さんは・・

「社会的養護という言葉があります。なんらかの事情で、家庭で育つことのできない子どもたちを公で養育することです。里親制度もその一つです。

楽しいことばかりではありません。困難なことも多々でてきます・その壁を乗り越えていただきたいのです・・・」

瞳(榮倉奈々)は、3人の子供達のことを考えました。

あの子たちはどんな人生を背負って月島の家で暮らしているのだろうかと・・・

瞳にはあたし達の気持はわからないんだよ」と友梨亜(森迫永依)
「瞳」・第4週「勇気を出して」

「とうさんは本当のこどもじゃないのに僕たちの面倒を見てくれる。ぼくは甘えてはいけない・・明(吉武怜朗)
「瞳」・第3週「オトナへの一歩」

将太はウチの子どもだよ」と勝太郎(西田敏行)さんに抱きしめてもらう将太(中村咲也)
「瞳」第二週「20歳の里親??」

なぜあんな笑顔で笑えるのだろう・・・

「やりたいことの先にはなにがあった??」勝太郎(西田敏行)さんの言葉を思い出します・・

やりたいこととやるべきこと・

瞳(榮倉奈々)は、

高一の冬、なにもかもイヤになったときダンスに出会い、大事なものとなり、ダンスのおかげで寂しくなくなりました・・
「瞳」第二週「20歳の里親??」

瞳(榮倉奈々)の心は揺れています。

★★★

夜・・百子(飯島直子)さんに、

「心は決まった??」と尋ねられ・・・

瞳(榮倉奈々)は、

「今日、養育家庭体験発表会に行ったんだ、将太たちを育てるのはとっても大事なことだと思う。

じいちゃんさ、里親始めるとき、女の子を希望したんだって。おかあさんに会えなくなったからじゃないかなー。

おかあさんやアタシがいたから里親始めたんだとしたら、アタシにも関係あるし、

ばーちゃんがいなくなって、おかあさんとじいちゃんをつなぐのはアタシだけじゃん、月島に帰るよ・・」

百子(飯島直子)さんは・・

瞳、やりたいことをあきらめないで。アタシは20歳のときやりたいことをみつけられなかった・・ダンスをあきらめないでね

★★★

翌朝・・・勝鬨橋をわたり月島に戻る瞳(榮倉奈々)

一本木家には元里子・恵子(宇野実彩子)さんも来ていました。

瞳(榮倉奈々)

ダンスもウチのことも頑張ればできると思ってたけど、頑張ってもできないこともあるんだね。無理して頑張るとみんなに迷惑をかけるってわかった・・ダンスとウチのこと両方はムリなの。
だから、
 ダンスやめるよ!!」

★★★

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第33回「やるとなったらとことんやるからねー、考えてあげないと・・・」

NHK連続テレビ小説「瞳」第32回「待ってんのよ!!」

NHK連続テレビ小説「瞳」第31回「ダンスも子供達のこともバイトも頑張る!!」

今週の瞳「頑張りすぎました」

先週の瞳「ダンスと花見」

榮倉奈々けんかで爆笑

★★★

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

榮倉奈々オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nana-eikura/

★★★

posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」・第6週「頑張りすぎました」

2008年05月07日

NHK連続テレビ小説「瞳」第33回「やるとなったらとことんやるからねー、考えてあげないと・・・」

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

★★★
NHK連続テレビ小説第六週「がんばりすぎました」第33回5/7(水)

瞳(榮倉奈々)、私のホテルに行きましょう!!!」と百子(飯島直子)さん・・

下に下りていくと・・・

「長屋にまる聞こえだよ・・」と勇蔵(安田顕)さん、勇次郎(前田吟)さん、ウメ(菅井キン)さん・・・

百子(飯島直子)さんは・・・

「「瞳(榮倉奈々)はダンスがやりたいのよ、おとうさんは瞳を利用してるだけじゃないの!!」

勝太郎(西田敏行)さんも負けてません!!

「やりたいこと、やりたいことって!!お前のやりたいことって、神輿(みこし)も担げない男と結婚することだったのかよー、その挙句離婚しやがって!!」

「あー腹たつ狸じじい!!」百子(飯島直子)さん・・

勝太郎(西田敏行)さんは瞳(榮倉奈々)に「休んで来い・・ウチにいるとゆっくりできないだろう」と言って、送り出してくれました。

★★★

新宿のホテルで・・・

百子(飯島直子)さんは、

あんたの一番やりたいことに、全力を注げばいいと思うのよ。そりゃ子供達のことも大事だと思うけど・・」

と言って、仕事に行きました・・

★★★

瞳(榮倉奈々)のいない一本木家の夕食時・・・昼間の百子(飯島直子)さんと勝太郎(西田敏行)さんのケンカの話題になり・・明(吉武怜朗)くんは、

昔のケンカが尾をひいてるんだねー。大変だよね、実の親子って!!」

★★★

小料理屋「まつり」で・・まつりのママ(木の実ナナ)は、

「一本木瞳ちゃん、やるとなったらとことんやるからねー、考えてあげないと・・・」

★★★

翌朝、新宿のホテルで・・

「7時までには帰ってくるから、一緒に夕飯を食べましょう」と言い残して百子(飯島直子)さんはでかけていきました。

瞳(榮倉奈々)は、一本木家に電話をして・・・電話から3人の子供達に「行ってらっしゃい!!」・・

瞳(榮倉奈々)は少し寂しい気持でした・・・。

熱も下がり、時間をもてあまし気味の瞳(榮倉奈々)は「養育家庭体験発表会」に出かけていきました・・


養育家庭体験発表会」とは、里親になる前の希望者の参考にするための催しです。

小学校入学前に、お世話になっていた施設に挨拶に行く前日家出をしてしまった女の子の話、3歳のとき引き取った男の子の荷物の軽さに驚いた話し、赤ちゃん返りをしたという話、中学生になったときの家庭内暴力とイジメの話・・を聞きながら、瞳(榮倉奈々)は感動を覚えると同時に、深く深く考え始めていました・・・

★★★

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第32回「待ってんのよ!!」

NHK連続テレビ小説「瞳」第31回「ダンスも子供達のこともバイトも頑張る!!」

今週の瞳「頑張りすぎました」

先週の瞳「ダンスと花見」

榮倉奈々けんかで爆笑



★★★

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

榮倉奈々オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nana-eikura/

★★★
posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」・第6週「頑張りすぎました」

2008年05月06日

NHK連続テレビ小説「瞳」第32回「待ってんのよ!!」

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

★★★
NHK連続テレビ小説第六週「がんばりすぎました」第32回5/6(火)

家事とダンスに頑張りすぎて、倒れてしまった瞳(榮倉奈々)を心配して、萌(鈴木聖奈)ちゃんがお見舞いにきてくれました。

もんじゃ焼き「あにおとうと」で、萌(鈴木聖奈)ちゃんは

「ダンスやめちゃだめだよ・・」

★★★

ひたすら休む日は4日目を迎えました。

百子(飯島直子)さんからの電話・・

「会社が東京に支店を出すことになって出張で上京してるのよ、お茶しましょー!!」

瞳(榮倉奈々)が具合が悪くして寝ていることを話すと・・・百子(飯島直子)さんは

「んまーーーーー、お見舞いに行くわ!!待ってんのよ!!!!」

★★★

サングラスをかけて、月島の商店街を行く、百子(飯島直子)さん・・

月島のヒーロー、もんじゃのまこちゃん(小倉久寛)が・・、百子(飯島直子)さんとは知らずに、声をかけます・・・

百子(飯島直子)さんは、月島のヒーロー、もんじゃのまこちゃんに、勝太郎(西田敏行)さんと会わなくてすむように細工してと頼み、こっそり瞳(榮倉奈々)の元へ・・

「このうちをでたら??アパートを借りる敷金くらい出してあげるわよ」と瞳(榮倉奈々)に話す百子(飯島直子)さん

そこへ、様子が変とやってきた、勝太郎(西田敏行)さん・・・・

始まってしまう、勝太郎(西田敏行)さんと百子(飯島直子)さんの大けんか

榮倉奈々けんかで爆笑

「娘が病気になったんだから、お見舞いに来るのは当たり前でしょう!!こっそり入ったのは、狸じじいと顔を合わせたくなかったからよ!!ダンスに理解あるふりして、瞳(榮倉奈々)をこき使ったんでしょう!!」

★★★

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第31回「ダンスも子供達のこともバイトも頑張る!!」

今週の瞳「頑張りすぎました」

先週の瞳「ダンスと花見」


★★★

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

榮倉奈々オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nana-eikura/

★★★

posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」・第6週「頑張りすぎました」

2008年05月05日

NHK連続テレビ小説「瞳」第31回「ダンスも子供達のこともバイトも頑張る!!」

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

★★★
NHK連続テレビ小説第六週「がんばりすぎました」第31回5/5

「ダンスなんかやめちまえ」、勝太郎(西田敏行)さん・・・「百子の娘ですから」と逆切れしてしまった瞳(榮倉奈々)・・・「あんたが決めたことだったらなんでも応援するわよ」と百子(飯島直子)さん・・

★★★

「ただいまー、電話しないでごめんねー。夕べが友達のところへ泊まったんだー。朝ごはんのしたく、今手伝うね」

「いーよー、私がやるから・・・二日続けて朝帰りをする人にウチのことを任せられませんから・・」

再び朝帰りした瞳(榮倉奈々)を待っていたのは、元里子・恵子(宇野実彩子)でした。

勝太郎(西田敏行)さんは・・

瞳(榮倉奈々)、あんたどこ泊まってたの、心配したんだから。オレも言い過ぎた・・が子供達によくないよ、2日続けて朝帰りするのは・・」

★★★

2階の物干し場で・・

瞳(榮倉奈々)、言ったよね、親がすることを普通にしてやってくれって。普通はしないよね、朝帰り。二日続けて連絡もしないで・・・。
ダンスと子どもたち・・・どっちが大事なの!!
東京に来てダンス習うついでに、家賃代わりに面倒みてるだけじゃないの???」

瞳(榮倉奈々)を一喝!

★★★

「みなさん、最近のアタシはだめだめでした。今のアタシにはダンスもこのうちのこともどっちも大事!!

dからこれからもっと頑張る、ダンスもうちのこともバイトもがんばる・・よろしくお願いしますー」

自分の非を認めた瞳(榮倉奈々)は「ダンスも家事も3倍頑張る!」と宣言。

「許してやる」将太(中村咲也)

「朝帰りはだめだよ、心配するから」

「ダンス頑張ってね」友梨亜

瞳(榮倉奈々)は家事にダンスに奮闘するが、とうとう倒れてしまいます。

ダンスもウチのことも頑張りすぎたのです。

瞳(榮倉奈々)は、友永病院でしばらく休養が必要と診断され、バイトとダンス学校は休むことになりました。

バイト先の森本食堂で、勇蔵(安田顕)さんは、

「こりゃーチャンスだ。お見舞いに行って優しくしてやろう!!」

★★★

「瞳ぃ、ごはんできたよー」

3人の子供達優しい心遣いに、瞳(榮倉奈々)

「自分が情けないけど嬉しい・・」

★★★

勇蔵(安田顕)さんのお見舞いは・・・・ギターの弾き語り・・でした・・

そして翌日・・萌(鈴木聖奈)ちゃんがお見舞いに来てくれました。

★★★

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

今週の瞳「頑張りすぎました」

先週の瞳「ダンスと花見」


★★★

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

榮倉奈々オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nana-eikura/

★★★
posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」・第6週「頑張りすぎました」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。