2008年05月26日

NHK連続テレビ小説「瞳」第49回「このうちには近寄らないことにするわ!!」

百子(飯島直子)さんが東京に引っ越してきました。登場回数が増えそうで楽しみ。

NHK「スタジオパークからこんにちは」に飯島直子さん登場、美しさを保つライフスタイルとは??

★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

★★★

NHK連続テレビ小説第9週「結婚します」第49回5/26(月)

★★★

2007年5月・・

勝太郎(西田敏行)さんが明(吉武怜朗)くんに奈緒子(大後寿々花)さんと仲直りしたか??と聞いています。

明(吉武怜朗)くんは、手紙を書いてあやまり、奈緒子(大後寿々花)さんも「明くんの気持を無視してごめんなさい・・」と言ってくれたと報告しました。

と・・百子(飯島直子)さんから、瞳(榮倉奈々)に電話・・

「今、会社についたところ、すずらん化粧品・東京支店に転勤になったのよ」と・・。東京支店は、銀座のビルの1フロア、百子(飯島直子)さんの住まいは神谷町のマンションだそう。

百子(飯島直子)さんは副支店長で、部下は、藤田舞、則岡善春、高崎昌代さん・・

「すずらん化粧品を全国のブランドにするために、東京中のデパートにどんどん売り込んでいくわよー」と張り切っている百子(飯島直子)さんです。

★★★

バイト先の森本食堂で・・・

勇次郎(前田吟)さんは相変わらず元気がありません。

まだまつりのママ(木の実ナナ)と仲直りできていない様子。

勇蔵(安田顕)さんは・・

「どうせ酔っ払って、手でもにぎったんじゃねぇーのか」・・あたりです・・・

★★★

勝太郎(西田敏行)さんの家に、元里子・恵子(宇野実彩子)さんがやってきました・・

と・・・

「イヤーなものが店の前を通り過ぎた・・」と勝太郎(西田敏行)さん・・

百子(飯島直子)さんは、東京勤務になったことをお母さんに報告にきたのです。

勝太郎(西田敏行)さんは、恵子(宇野実彩子)さんに語り始めます。

「おかあさんのお葬式のとき、17年ぶりだったんだよ、のこのこ帰ってきやがって・・神経が図太いっていうか・・。親にあれだけしんどい思いさせておいてさあ。長澤って百子のダンナは、勝手に借金作って、すいませんがこの家と店を売ってくれませんかって言うんんだ。百子も一緒なって、必ず再生するから家を売って!!と言うんだ・・」

百子(飯島直子)さんだって、黙っていられません・・

「小さな瞳を抱いているアタシに、勘当だー二度とこの家の敷居をまたぐなって言ったのよ!!」・・

百子(飯島直子)さんは怒って帰ってしまいました・・。

「おまたせ、恵子、話ってなんだい??」と勝太郎(西田敏行)さん・・

「あたしも帰るわ・・」恵子(宇野実彩子)さんは、すっかり話す気持にならなくなってしまったようです。

★★★

瞳(榮倉奈々)と、百子(飯島直子)さん・・お茶を飲みながら・・

「えーまたケンカしたの??」とあきれる瞳(榮倉奈々)

「本当は、じぃちゃんも嬉しいと思うよ。じぃちゃんと3人の子供達は、本当の親子じゃないのに、本当の親子みたなんだよ。本当の親子だったらもっと仲良くできるんじゃないのかなー」

★★★

勝太郎(西田敏行)さんは、

「百子の顔を見てるとさ、昔腹立てたころの気持がよみがえるんだよ・・」

と・・瞳(榮倉奈々)の携帯電話が鳴って・・

電話をかけてきたのは恵子(宇野実彩子)さん。

「実は相談したいことがあって・・。会ってほしい人がいるのよ」


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第9週「結婚します」


NHK連続テレビ小説「瞳」第8週「ふたつの愛」

★★★

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

榮倉奈々オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nana-eikura/



posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」第9週「結婚します」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。