2008年05月12日

NHK連続テレビ小説「瞳」第37回「遠出、ひっくりかえしてデート!!」

★5/13(火)「スタジオパークからこんにちは」に百子(飯島直子)さんが出演。楽しみぃー。

★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

★★★
NHK連続テレビ小説第七週「仲間になろうよ」第37回5/12(月)

★★★

2007年4月・・

明(吉武怜朗)くんたち3人は、家事を分担してくれることになり、瞳(榮倉奈々)は、再びダンス学校に通えることになりました。

明(吉武怜朗)くん将太(中村咲也)くんに

いーか、お手伝いと思うからイヤになる。これは、われわれの任務、ミッションだ。返事はラジャーだぞ

将太(中村咲也)くんは・・元気に「ラジャー!!」

(このお手伝いの教え方って、とってもいいですー。ウチでもラジャーでいこうか??と6歳息子と話題にしました。我が家は「OKざんすー」)

★★★

森本食堂では、

正介(高田延彦)さんが、

「子供たちとダンススクールのレイ先生に感謝しなきゃねー」と。

そこへまつりのママ(木の実ナナ)がやってきて、勇次郎(前田吟)さんをデートに誘います。

「再来週の日曜日、遠出しない??遠出、ひっくりかえしてデート!!」

勇次郎(前田吟)さんは大喜び!!

★★★

さて、ダンススクールでは、オーディションの告知が行われました。

D−DARTSのプロモーションビデオのバックダンサーのオーディション。都内の各ダンススクールから20人ずつ推薦。決戦は来週の金曜日!!

そして審査員の一人は、KEN(眞木大助)

EXILEのMAKIDAIこと眞木大輔(KEN役)さん『瞳』に登場

KEN(眞木大輔)は、

「元気のよいダンスを期待します」

萌(鈴木聖奈)ちゃんによると、

ダンススクールのレイ先生と、KEN(眞木大輔)は、もう一人の男性を含めて3人で、ダンスユニットを組んでいました。ダンススクールのレイ先生が17歳、KEN(眞木大輔)は23歳、7年前のこと・・ところが、3年前、もう一人の男性が、事故死してしまい、ユニットは解散、、KEN(眞木大輔)はニューヨークへ行ってしまったのだそうです。

さて、誰と組んでオーデションに参加しようかと思案していた
瞳(榮倉奈々)に声をかけてきたのは、橋本純子(満島ひかり)でした。

橋本純子(満島ひかり)は、

「当然、合格をめざす、で、アタシの目的は、レコード会社の人の目にとまること。瞳(榮倉奈々)はでかいから、アタシのシャープさが目立つってわけ^^」

★★★

帰宅すると・・

友梨亜(森迫永依)ちゃんが司令官となって子供たち(森迫永依)だけで、夕飯つくりをしていました。

「どんな味でもおいしーって言うんだぞー」と勝太郎(西田敏行)さん・・

できあがったのは、あんかけチャーハンでした。

もちろん、おいしーーーー!!!!

百子(飯島直子)さんは、瞳(榮倉奈々)の報告を聞きながら、

「良かったじゃない、子供たちが応援してくれて・・・一生懸命やりなさい、好きなことをやってぶっ倒れるのは文句言わないわよ・・」


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第7週「仲間になろうよ」

NHK連続テレビ小説「瞳」第36回「両方やってあんただよ」

NHK連続テレビ小説「瞳」第35回「ダンスがやりたいよ」

NHK連続テレビ小説「瞳」第34回「ダンスやめるよ・・」

NHK連続テレビ小説「瞳」第33回「やるとなったらとことんやるからねー、考えてあげないと・・・」

NHK連続テレビ小説「瞳」第32回「待ってんのよ!!」

NHK連続テレビ小説「瞳」第31回「ダンスも子供達のこともバイトも頑張る!!」

来週のNHK連続テレビ小説「瞳」第7週「仲間になろうよ」

今週の瞳「頑張りすぎました」

先週の瞳「ダンスと花見」

榮倉奈々けんかで爆笑

★★★

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

榮倉奈々オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nana-eikura/

★★★



posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」・第7週「仲間になろうよ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。