2009年09月30日

MAKIDAIドラマ初主演…日テレ系「探偵M」

MAKIDAIドラマ初主演…日テレ系「探偵M」

KENことMAKIDAI(眞木大助)さんがグータンヌーボに登場・・
「EXILE」MAKIDAIが初ソロCD記念イベント
NHK連続テレビ小説で話題! EXILEメンバーの“棒”っぷり : 日刊サイゾー

<榮倉奈々>「ダンサーでもやっていける」MAKIDAIが太鼓判 NHK朝ドラ「瞳」ダンス大会収録


NHK連続テレビ小説「瞳」第7週・第42回「どうせ・・なんて言うな!!それを言ったら明日頑張れない!!」
★★★

3月31日(月)から始まったNHK連続テレビ小説」は・・

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本:鈴木聡 
語り:NHKアナウンサー・古野晶子


ダンサーを夢みる20歳・瞳(榮倉奈々)・・月島の人情に支えながら奮闘する瞳(榮倉奈々)の里親物語。

★★★

NHK連続テレビ小説」4/29ゴールデンウィーク初日朝8時半〜1時間「瞳・満載スペシャル

モボ役Q−TAROさん登場「瞳・満載スペシャル」@

★★★★

NHK連続テレビ小説

連続テレビ小説「瞳」HPより・・

多くの謎をもつ伝説のダンサー「KEN」役で、EXILEMAKIDAIこと眞木大輔さんが『』に登場します。「」との出会いのシーンととも に、いきなり華麗なダンスも披露。EXILEのときとは違う、役者としての新たな一面を見せてくれます。
そこで、今回のドラマへの意気込みや思いを聞いてみました。

「ステージで踊っているときは、ただ上手に踊るということだけでなく、観ているひとの心に何か突き刺さるものを表現したいといつも思っています。それを今回は、セリフでも表現できればいいなあと思っています。ダンスの世界だけでなく、KENという人物に見え隠れする人間模様を出せるように工夫したいですね」。

EXILEのMAKIDAIから俳優・眞木大輔へ変わる瞬間は?

「EXILEのMAKIDAIから眞木大輔へ変わるスイッチ的なものはないですね。役者だからこうしようというより、台本を読んでいて自然にキャラクターを追求していく。その中で、ふだんのEXILEのMAKIDAIから自然と変わっていくという感じですね。
ダンスに関しては、あえてフレッシュな感じで取り組んでいきたいですね。KENとしての踊りを見せられればと思っています」


KENと自分がオーバーラップするようなところはありますか?

「KENはニューヨーク帰りという設定。僕自身もニューヨークに1年ほど住んでいたことがありました。当時5ドルで1時間借りられる安いスタジオで練習したことも。で、そのときのビデオなどを見直して雰囲気を思い出したりしましたね。
でも、あくまでKENということで、新しい表現をしたいという思いが強いので、自分以外のダンスビデオやプロモーションビデオを風呂に入りながら観て、いろいろとイメージをふくらませています」


今回のドラマへの出演が決まったときの周囲の反応は?

「両親もそうですが、おじいちゃん、おばあちゃんがメチャクチャ喜んでくれました。それが僕としてはすごくうれしかったですね。
また、EXILEを知らないひとたちとドラマを通してふれあえることも楽しみ。そして、このドラマや僕のダンスを観て、ダンスをはじめるキッカケになったり、ダンスの魅力や楽しさを発見するひとが一人でも多くいたらうれしいですね」


KENにはどんな過去があって、これから瞳の人生にどのような影響を与えるのか。とても重要な役どころになりそうです。
また、KENとの出会いのシーンをはじめ、共演シーンを撮影したヒロイン役の榮倉さんに眞木大輔さんについての印象を聞いてみました。

「同じヒップホップダンスでも、瞳ちゃんが踊っているのとはジャンルが少し違いますが、やはり見ていてとても参考になるし、表現の仕方や見せ方がかっこいいですよね。そして何より、どんな複雑なステップや振り付けでも、簡単そうに踊るところが、すごいです。
この前、MAKIDAIさんの前で踊るシーンがあったのですが、本番のあとで『良かったよ』とやさしい言葉もかけてもらいました。わたしが自信をもてるように気づかってくれたのだと思います」


連続テレビ小説「瞳」

「瞳」・第5週「ダンスと花見」

「瞳」・第5週「ダンスと花見」あらすじ

EXILEエグザイル)日本の音楽(J-POP)とダンスパフォーマンスの融合を目指した7人組のヴォーカル&ダンス・ユニット。
所属事務所はメンバーのHIROが社長を務める株式会社LDH。所属レコード会社はavex(レーベルはrhythmzone)。
台湾や中国では「放浪兄弟」の名義となっている

MAKIDAI(マキダイ、本名:眞木大輔(まき だいすけ)、神奈川県横浜市、1975年10月27日 - 血液型:O、身長180cm、体重65kg)

中学の頃、野球をしていたが、父親の仕事の都合で川崎から横浜へ引っ越した。中学3年生のときの文化祭にてダンスに目覚める。10代の頃から「アンダーグラウンド・ストリート・キッズ」というグループを結成し、都内の駅前で踊っていたという。HIRO曰く、「BABY NAILイチのダークホース」だったという。ZOOのメンバーが講師をしていたダンススタジオの生徒で、高校生の時からよくクラブやディスコに出入りする。ダンスを極めるために猛勉強し、神奈川大学経済学部貿易学科に入学するも2年で中退。1996年、MATSUと共に「BABY NAIL」を結成、アメリカのニューヨークへ留学しダンスの修養を積む。アメリカのクラブで黒人のダンスを見て、強い影響を受けたという。ブレイクダンス系を得意としている。MISIAのバックダンサーを勤めたり「包み込むように〜」のPVにダンサーとして出演している。1998年、ダンスチーム「Hip Hop Junkeez」を結成。1999年、「J Soul Brothers」に加入し現在に至る。当初、HIROが「J Soul Brothers」を結成するために「BABY NAIL」に声を掛けたメンバーはMAKIDAIではなくRYUJIというダンサーだったが、RYUJIが事情があって抜けなくてはならなくなり、MATSUがMAKIDAIに声を掛けたことで加入が決定した。
一番最初に観たライブがNHKホールで行われたZOOのライブだという。
2004年には本名でドラマ「ホットマン2」に俳優として出演し、2007年3月公開の映画「渋谷区円山町」では主演を務める。現在ではバラエティ番組に本名で時々出演している。(EXILEになる以前からMAKIDAIはHIROに「音楽以外にもう1個夢があって、実はオレ、俳優になりたいんですよ」と話していたという)2005年にはメンバーであるUSAと共にRATHER UNIQUEを結成し、MC兼リーダーを務める。この時期に同事務所の人気モデル、長谷川潤との交際が報じられたが、2008年1月13日に破局していたことが明らかとなった。また、クラブDJとしての顔も持ち、MIX CDも発売した。2005年からはJ-WAVEのラジオ番組「OH!MY RADIO」の月曜日担当を務めている。2008年にはNHKの連続ドラマ「瞳」に俳優として出演した。
ブレイク系のダンスを得意とする。以前、岡村隆史とブレイク対決で張ったこともある。
ニューヨークに渡っていた頃、語学学校に行っていたため、英語が堪能である。
メンバーの中でもっともソロ活動が多い。
お酒を飲むと狭いところに入るらしい。ビルとビルの隙間やバーカウンターの下など。また、服を脱ぐ癖があるという。元KICK THE CAN CREWのMCUと飲んだ時、全裸でダーツをしたことがあるという。貧乏だった時代に、クラブで上がるために酔うにも、金がなく、酒が飲めなかった時に、なけなしの金で一杯だけテキーラを飲んで、外で走って無理矢理、酔いが回るようにしていたという。
よくアントニオ猪木の物まねをする。
エヴァンゲリオンが好きだという。
入浴中にUSのPVを観ながら、ダンスの研究を常に行っているという。
EXILE - Wikipedia

EXILEアニメでイメージアップ 

NHK連続テレビ小説


posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」・キャスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。