2008年04月26日

NHK連続テレビ小説「瞳」第5週「ダンスと花見」

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

★★★
NHK連続テレビ小説第五週「ダンスと花見」4/28〜5/3

東京は桜の季節、ダンス学校も開校。「うまくなって来年のダンスビート」に出場してやる!」瞳(榮倉奈々)の生活はダンス中心になっていきます。

ダンス学校HIPZのRAY(香子)のクラスのツートップは、由香(田野アサミ)と純子(満島ひかり)です。
「このふたりとユニットが組めたら・・」

ダンスに夢中で帰宅が遅れる瞳(榮倉奈々)

夕食が遅くなり、将太(中村咲也)が冷蔵庫の残り物に手を出し腹痛を起こす事件も起きます。

そんなとき、恒例の長屋の花見が行われます。瞳(榮倉奈々)は、花見の参加を約束するが、その夜、クラブのイベントに萌(鈴木聖奈)に誘われます。初めての東京のクラブに高揚する瞳(榮倉奈々)
そこで伝説のダンサーKEN(眞木大輔)と運命的な出会いをします。時間を忘れて夢中になる瞳(榮倉奈々)
いつしか花見は終り、瞳(榮倉奈々)は朝帰りをしてしまいます。

部屋に戻った瞳(榮倉奈々)友梨亜(森迫永依)に「終電で帰った」と嘘の証言を頼みます。
嘘がばれて怒る勝太郎(西田敏行)・・
しかし、瞳(榮倉奈々)も逆切れ。
「ダンスなんてやめちまえ」という勝太郎(西田敏行)に、瞳(榮倉奈々)は家出をしてしまいます。

萌(鈴木聖奈)の家で一泊するが、子ども達のことが心配になり月島に戻る、瞳(榮倉奈々)

再び朝帰りをした、瞳(榮倉奈々)を待っていたのは、一本木家の里子の先輩、恵子(宇野実彩子)でした・・・

★★★

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

先週の瞳「勇気を出して」


「瞳」・第3週「オトナへの一歩」

★★★

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

榮倉奈々オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nana-eikura/

★★★


posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 06:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のNHK連続テレビ小説「瞳」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。