2008年04月11日

NHK朝ドラ「瞳」ヒップホップの紹介

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

NHK連続テレビ小説

★★瞳(榮倉奈々)が大好きなヒップホップダンスは、ストリートダンスの一種で、80年代にアメリカで生まれ、世界中に広がりました。日本でも若者を中心に急速に広まり、全国レベルでのコンテストも様々行われています。エクササイズの一つとしても人気だそうです。

大阪市城東区新喜多1-2-7  リバーカントリーガーデン京橋内1F
 各線京橋駅から徒歩3分 ダンススダジオSTUDIO PRAIA

★★★

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」第8回「なにかもイヤになったときダンスに出会いました」


★★★★

今週の瞳「20歳の里親」
先週の瞳「月島へ」


ヒップホップ(hip hop)は1960年代後半から1970年代のアメリカ合衆国ニューヨークで、アフロ・アメリカンやカリビアン・アメリカン、ヒスパニック系のコミュニティによって行われていたブロックパーティーから生まれた文化。

アフリカ・バンバータによる造語であり、「アフロ・アメリカンが、それ以外の文化(音楽、ファッション、アート)を取り入れ、新しいスタイルを生み出すこと」をヒップホップと呼称したのが始まりである。

単に「ヒップホップ」と言った場合、文化から派生したサンプリングや打ち込みを中心としたバックトラックの上で、MCが韻を踏んでいく(ライムする)音楽形態を特に指すことが一般化しているが、これらはヒップホップ・ミュージックあるいはラップ・ミュージックと呼ぶのが正しい。

ヒップホップの要素
主に、四大要素と呼ばれるラップ(MC)、DJ、ブレイクダンス、グラフィティによって構成される。

これらはアメリカのギャング文化とも関係があるといわれ、抗争を無血に終わらせるために、銃や暴力の代わりとしてブレイクダンスやラップの優劣が争われたり、ギャングたちのなわばりの主張や情報交換の目的に、一部のグラフィティが用いられていたと言われている。ラップ、DJ、ブレイクダンスは、ギャング文化時代の名残として、フリースタイルバトルと呼ばれる対決方式が存在する。

現在は発祥地アメリカだけにとどまらず、ダンスのジャンルとしてブレイクダンスを踊ったり、グラフィティをアートとしてとらえる動きもあり、世界各国に広まっている。
ヒップホップ - Wikipedia


NHK朝ドラ>「瞳」初回視聴率はワースト2位

榮倉奈々「結婚願望 今はない」
“顔グロヒップホップ女王”榮倉奈々
榮倉奈々がヒロイン…NHK「瞳
榮倉奈々、ダンスは吹き替えじゃない
来春のNHK連続テレビ小説『瞳』クランクイン!
“朝の顔”が貫地谷しほりから榮倉奈々へバトンタッチ!

NHK連続テレビ小説「瞳」放送の期間中「月島もんじゃ焼」の限定パッケージ!

榮倉奈々オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nana-eikura/


posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 05:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」・ヒップホップって??
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。