2008年10月16日

榮倉奈々の奮闘も…朝ドラ「瞳」ワースト更新のワケ


NHK総合連続テレビ小説「瞳」の視聴率は歴代最低朝ドラ史上ワーストで後が続かない榮倉奈々

NHK総合連続テレビ小説「瞳」の視聴率は歴代最低 


榮倉奈々の奮闘も…朝ドラ「瞳」ワースト更新のワケ 2008年9月30日(火)16時30分配信 夕刊フジ

榮倉奈々

 女優、榮倉奈々(20)主演で、27日に終了したNHKドラマ「瞳」の期間平均視聴率が連続テレビ小説(朝ドラ)史上最低の15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録した。なぜ数字が伸びなかったのか。

 視聴率は初回が過去ワースト2位の16.5%と、厳しいスタートを切った。その後も目立った伸びがなく、最終回も17.5%にとどまった。


 ドラマは東京の佃、月島が舞台。ヒップホップダンサーを目指す20歳のヒロイン・瞳(榮倉)が祖父・勝太郎(西田敏行)とともに、里親として3人の子供を育てながら、バラバラになっていた自分たちの家族の絆を取り戻す物語だ。


 作家の麻生千晶氏は「かわいいヒロイン、それを温かく見守るサポーターという図式はいつもの朝ドラのパターンでしたが、家族というテーマに向き合っていた」と一定の評価を示した上で、こう指摘した。


 「ストーリーに意外な展開がなく、ワクワクさせる感じがしなかった。ヒップホップなんてやる人は多数派ではないのに、若者にこびすぎていたとも思う」


 民放関係者は「白髪のロン毛にバンダナ姿の西田敏行は朝ドラには暑苦しく映ったのでは。EXILEのMAKIDAIを出演させても、若者はあまり見ていなかったのかも」と語る。


 今年3月まで放送された「ちりとてちん」の15.9%に続き、朝ドラは2期連続でワースト記録を更新したことになるが、「今は1ケタ台のドラマがたくさんある。連日放送して平均15%台というのは御の字でしょう」(麻生氏)とは、寂しい限り。

上戸&上地の“格差カップル”コメディー、視聴率17.6%と好スタート
緒形拳さん遺作「風のガーデン」20.1%スタート

『篤姫』視聴率28.1 %、最高記録を更新
「ガリレオ」のルーツ、映画と同日“公開”で20.8%の高視聴率



posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 05:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」ヒロイン・ 榮倉奈々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。