2008年07月12日

NHK連続テレビ小説「瞳」第16週「さよなら将太」

★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

NHK朝ドラ「瞳」で勝太郎さん(西田敏行)が瞳と子供たちに読んでくれた詩

★★★

NHK連続テレビ小説第16週「さよなら将太」7/14〜7/19

★★★

将太(中村咲也)の母・美紀恵(小池栄子)は結婚の夢が消え、将太(中村咲也)を引き取ることをやめると児童相談センターに連絡してきた。

それを知った瞳(榮倉奈々)は、美紀恵(小池栄子)の自宅に押しかけ説得する。

将太(中村咲也)と再び暮らすことを決意した美紀恵(小池栄子)は、児童相談センターでカウンセリングを自発的に受けだす。

その中で、美紀恵(小池栄子)の心の傷があぶりだされていく。

ある日、瞳(榮倉奈々)と、美紀恵(小池栄子)は喫茶店で面会する。

そのときスピーカーから流れ出す「アンコ椿は恋の花」、突然涙する美紀恵(小池栄子)。

自分を捨てて島に戻った父・利男(田中健)の大好きな歌だったのだ。

瞳(榮倉奈々)は、将太(中村咲也)を育てる自信をつけるためにも美紀恵(小池栄子)に父との再会を勧める。

そして美紀恵(小池栄子)は19年ぶりに父・利男(田中健)との再会を果たすことに・・・


ストリートダンス図鑑:


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第87回「ちゃんと紹介してよ」

NHK連続テレビ小説「瞳」第86回「こうやればうまくいくなんていう法則はない・・いつも手探りです」

NHK連続テレビ小説「瞳」第85回「おかあさんと何を話したの??」

NHK連続テレビ小説「瞳」第15週「涙のタオルケット」

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」6/21〜6/26の話題

NHK連続テレビ小説「瞳」第14週「母、現れる」

★★★

★5/13(火)「スタジオパークからこんにちは」に百子(飯島直子)さんが出演
NHK「スタジオパークからこんにちは」に飯島直子さん登場、美しさを保つライフスタイルとは??

★★★



posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 04:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 来週のNHK朝の連続テレビ小説「瞳」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。