2008年07月08日

NHK連続テレビ小説「瞳」第86回「こうやればうまくいくなんていう法則はない・・いつも手探りです、」

★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

NHK朝ドラ「瞳」で勝太郎さん(西田敏行)が瞳と子供たちに読んでくれた詩

★★★

NHK連続テレビ小説第15週「涙のタオルケット」7/8(火)第86回

★★★

将太(中村咲也)はさ、久しぶりにお母さんに会っていろんな事考えていると思うよ・・うまく口に出せないと思うよ・・もうちょっと待ってあげようよ・・・イジワルしてるわけじゃないんだから・・」??」勝太郎(西田敏行)さん・・

友梨亜(森迫永依)は、「将太(中村咲也)にゲーム機を返しました。

「仲直りの握手をしよう」と瞳(榮倉奈々)・・・

友梨亜(森迫永依)は、

「やだ・・」

友梨亜(森迫永依)将太(中村咲也)も泣き出してしまいます。

「な、なんで????」勝太郎(西田敏行)さん・

★★★

夜、瞳(榮倉奈々)は、百子(飯島直子)さんに電話をします・・

百子(飯島直子)さんは・・

友梨亜(森迫永依)ちゃん、やきもちをやいてるんじゃない??寂しいのよ・・こういうときこそあんたの出番よ、みんなが神経質になってるけど、あんたはいつもどおり元気にして家の中を明るくしなきゃ・・」

「だよねーーわかってるけどどうすればいいべか・・・」瞳(榮倉奈々)

★★★

将太(中村咲也)、ホント可愛いんだよ、コノコのこと愛してるんだなーって思った。こんな可愛い子に寂しい思いさせて馬鹿だったなーって思った・・近いうちに3人で遊びに行きましょう・・・いっぱい食べて!!お料理も勉強しなくちゃ・・・・・」将太(中村咲也)の母・美紀恵(小池栄子

★★★

児童相談センターの高柳俊介(猪野学)さんは考えこんでいます・・

児童センターの課長がアドバイスしてくれます・・

「難しいですね、里親と実親は交流すべきか否か・・・トラブルがおこったことを若山(近藤正臣)さんは経験しています。

みんな若造です・・この仕事をやっている限り・・こうやればうまくいくなんていう法則はない・・いつも手探りです、ひとりひとりの人生に真正面からぶつかっていくしかありません、毎回毎回が始めての経験だ・・胸を張って若造でいてください・・」

★★★

ダンススクールで・・

「また眉毛猫??」田中萌(鈴木聖奈)ちゃんがデパートでの屋上のバイトの話を持ってきてくれました・・遊園地のイベントのときデパートに勤める人が見に来ていて、眉毛猫を気に入ってくれたのだそうです。
NHK連続テレビ小説「瞳」第46回「ここで会ったことは言わないで」5/22

夏コンで優勝して、賞金をもらったものの・・

NHK連続テレビ小説「瞳」第79回「今日の君たちはよかったよ、でも明日はわからない・・ユニットは生き物なんだ。」6/30

ダンスのDVD等を買いまくってお金がなくなってきたという北川由香(田野アサミ)と蟹を買ったという橋本純子(満島ひかり)・・

バイトはやろうと話が決まったところで、瞳(榮倉奈々)は、じゃあと帰宅を急ぎます。

★★★

もんじゃ焼き「あにおとうと」で・・・瞳(榮倉奈々)子供たちの仲直り会を開催しました・・

将太(中村咲也)の大好きなカレーもんじゃもお願いします・・」瞳(榮倉奈々)

友梨亜(森迫永依)、仲直りできるだろう??」明(吉武怜朗)くん・・

友梨亜(森迫永依)は、

将太(中村咲也)、お母さんの話してくれない・・やだ、将太(中村咲也)の気持わかんない・・やだ、なんであたしが、もうじきいなくなっちゃう子にカレーもんじゃ作らなきゃいけないのよ・・」

友梨亜(森迫永依)は店を飛び出し、将太(中村咲也)は泣き出してしまいます・・

友梨亜(森迫永依)を追いかける瞳(榮倉奈々)・・・

瞳(榮倉奈々)になんかわかんない・・ついてこないで、ほっておいて・・・家帰るだけ・・」友梨亜(森迫永依)

通りがかった児童相談センターの高柳俊介(猪野学)さん・・

「初めてのことで、みんなが自分の心をもてあましたとしても仕方ありません・・・気持を受け止めてあげてください・・こうやれば上手くいくっていう法則はない、手探りで、ひとりひとりの人生に真正面からぶつかるしかない・・って課長に言われました。考えましょう一緒に・・・」

ストリートダンス図鑑:カポエラ

★★★明日からの★★★

そういう騒動がある中も、美紀恵(小池栄子)と将太(中村咲也)は公園などで一緒に遊んだり、外出したりしながら徐々に絆をとりもどしていく。

瞳(榮倉奈々)も、将太(中村咲也)の表情を見ながら、将太(中村咲也)の幸せが一番と思うようになってきた。

そんなとき、家では子供たちに再び問題が起こる。

将太(中村咲也)の大切にしていた母親の思い出のタオルケットがなくなってしまったのだ。

友梨亜(森迫永依)が、将太(中村咲也)がいなくなる寂しさから隠してしまったのだ・・


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第85回「おかあさんと何を話したの??」

NHK連続テレビ小説「瞳」第15週「涙のタオルケット」

NHK連続テレビ小説「瞳」第80回「納得できない・・」
NHK連続テレビ小説「瞳」第79回「今日の君たちはよかったよ」
NHK朝の連続テレビ小説「瞳」6/21〜6/26の話題
NHK連続テレビ小説「瞳」第14週「母、現れる」

NHK連続テレビ小説第13週「ローズマリー誕生」6/23〜6/24)

NHK連続テレビ小説「瞳」第12週「祭りにいけない」6/16〜6/21

NHK連続テレビ小説「瞳」第11週「じいちゃんのいない夏」6/9〜6/14

NHK連続テレビ小説「瞳」第10週「急ぎすぎた幸せ」6/2〜6/6

★★★

★6/17(火)、NHKスタジオパークからこんにちは」に

NHK連続テレビ小説で、一本木家の面倒をみてくれるウメさん役で出演中の菅井きんさんが登場。俳優になって60年、82歳の菅井きんの楽しいトークが展開されました。
ウメさん役菅井きんさんがNHKスタジオパークに登場


勝太郎(西田敏行)さんは、6/8から公開されている話題の映画、三谷幸喜監督『ザ・マジックアワー』に暗黒街のボス役で出演しているそうです


★5/13(火)「スタジオパークからこんにちは」に百子(飯島直子)さんが出演
NHK「スタジオパークからこんにちは」に飯島直子さん登場、美しさを保つライフスタイルとは??

★★★

友梨亜(森迫永依)と、将太(中村咲也)のどっちが悪いの??と息子・・

「どっちも悪くないよ・・悪いのは・・・将太(中村咲也)のお母さん・・お母さんは子供を手放しちゃダメなんだよ・・」

「手放すってなーに??」息子・・

「手を離すこと・・(ちょっと短絡的回答)(^^;)」

「じゃあ、お母さんも時々、僕の手を離すねーー/ ^m^」

「それは、あんたが、お母さんの手を離すんでしょう!!
(^^;)」

今日、7月7日は「七夕」、「カルピスの日」、「冷やし中華の日」


posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」・第15週「涙のタオルケット」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。