2008年06月29日

NHK連続テレビ小説「瞳」第14週「母、現れる」

★明君役の吉武怜朗くんは、松田聖子さん主演の映画火垂るの墓」に出演、7月5日から公開です
<火垂るの墓>戦争文学の名作が映画化 松田聖子が7年ぶりに 「鳥肌が立つぐらいに切ない」

木の実ナナさんがNHKスタジオパークに登場

ウメさん役菅井きんさんがNHKスタジオパークに登場

「ダンサーでもやっていける」MAKIDAIが太鼓判 NHK朝ドラ「瞳」ダンス大会収録

勝太郎(西田敏行)さんは、6/8から公開されている話題の映画、三谷幸喜監督『ザ・マジックアワー』に暗黒街のボス役で出演

★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

NHK朝ドラ「瞳」で勝太郎さん(西田敏行)が瞳と子供たちに読んでくれた詩

★★★

NHK連続テレビ小説第14週「母、現れる」6/23〜7/5

★★★

9月になり勝太郎(西田敏行)は退院。

瞳(榮倉奈々)たちも、夏コンの優勝でローズマリーを存続してダンスビートを目指すことを決めます。

そんな中、勝太郎(西田敏行)のもとに児童相談センターの若山善行(近藤正臣)さんから電話がかかってくる。

行方不明だった将太(中村咲也)の母親が見つかり、将太(中村咲也)を引き取って一緒に暮らしたいというのだ。

翌日、勝太郎(西田敏行)とともに児童相談センターの若山善行(近藤正臣)さんたちから説明を受けた瞳(榮倉奈々)たちだが納得できまい。

将太(中村咲也)を放り出した実の母親が許せないのだ。

そんな瞳(榮倉奈々)を制して、勝太郎(西田敏行)は、将太(中村咲也)に実の母親に会いたいかを聞いてみることを約束する。

しかし、将太(中村咲也)は、勝太郎(西田敏行)にもこの件では心を開かない。

月島でも意見は別れた。

勇次郎(前田吟)さんは、瞳(榮倉奈々)と同じように実の母に会いたくないというが、まつりのママ(木の実ナナ)さんは実の母親に会いたくないはずがない・・と言う・・・

ストリートダンス図鑑:


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説第13週「ローズマリー誕生」6/23〜6/24)

NHK連続テレビ小説「瞳」第12週「祭りにいけない」6/16〜6/21

NHK連続テレビ小説「瞳」第11週「じいちゃんのいない夏」6/9〜6/14

NHK連続テレビ小説「瞳」第10週「急ぎすぎた幸せ」6/2〜6/6

★★★

★6/17(火)、NHKスタジオパークからこんにちは」に

NHK連続テレビ小説で、一本木家の面倒をみてくれるウメさん役で出演中の菅井きんさんが登場。俳優になって60年、82歳の菅井きんの楽しいトークが展開されました。
ウメさん役菅井きんさんがNHKスタジオパークに登場


勝太郎(西田敏行)さんは、6/8から公開されている話題の映画、三谷幸喜監督『ザ・マジックアワー』に暗黒街のボス役で出演しているそうです


★5/13(火)「スタジオパークからこんにちは」に百子(飯島直子)さんが出演
NHK「スタジオパークからこんにちは」に飯島直子さん登場、美しさを保つライフスタイルとは??


posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 06:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のNHK連続テレビ小説「瞳」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。