2008年06月22日

NHK朝の連続テレビ小説『瞳』・ウメさん(菅井きん)

NHK連続テレビ小説

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡


★★★
NHK連続テレビ小説


横山 ウメ(よこやま うめ・80歳)…菅井きん(すがい きん)

 一本木家裏の長屋に長く住む。今は息子夫婦とも離れひとり暮らし。一本木家の里子たちのことを気にして差し入れをしてくれる世話好きなおばあちゃん。勝太郎の洋品店の店番もなぜかそつなくこなす。

★6/17(火)、NHKスタジオパークからこんにちは」に

NHK連続テレビ小説で、一本木家の面倒をみてくれるウメさん役で出演中の菅井きんさんが登場。俳優になって60年、82歳の菅井きんの楽しいトークが展開されました。
ウメさん役菅井きんさんがNHKスタジオパークに登場

ウメさん(菅井きん)さんには、月島を出て大手不動産会社の部長をしている息子哲夫さん(ラサール石井)がいます。タケシくんという孫も一人・・けれど、ウメさん(菅井きん)さんは、月島の長屋でひとり暮らし・・なぜなら・・

NHK連続テレビ小説「瞳」第12週「祭りにいけない」6/16〜6/21

NHK連続テレビ小説「瞳」第72回「決意表明・・」
NHK連続テレビ小説「瞳」第71回「あたしはここにいるよ・・本当の家族みたいだからね」

NHK連続テレビ小説「瞳」第70回「おなかすいたーーごちそうなんかない・」

NHK連続テレビ小説「瞳」第69回「月島を出たかったんだ」

NHK連続テレビ小説「瞳」第68回「長屋のつきあいですから」

NHK連続テレビ小説「瞳」第67回「こんなに楽しく踊ったの久しぶり」

★★★

NHK朝ドラ「瞳」で勝太郎さん(西田敏行)が瞳と子供たちに読んでくれた詩



posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」・キャスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。