2008年06月17日

「ダンサーでもやっていける」MAKIDAIが太鼓判 NHK朝ドラ「瞳」ダンス大会収録

★6月13日、NHK連続テレビ小説」で中盤の山場となるダンス大会の撮影が、行われたそうです。

主演の、瞳(榮倉奈々)(20)は準備に1年近くかけたといい、収録後「今日のために練習してきたようなものなので、ちょっと寂しいですね」としみじみ。

主人公が尊敬するダンサー役で出演している、EXILEのMAKIDAIこと眞木大輔さんさん(32)は「(榮倉さんは)最初の頃とは別人。動きが以前の倍以上キレている。ダンサーとしても絶対にいけますよ」と太鼓判を押したそうです。EXILEのプロモーション・ビデオに出演してほしいとも言っているとか!!

榮倉奈々さんは、2006年に主演したフジテレビ系ドラマ「ダンドリ。〜Dance☆Drill〜」や2007年の映画阿波DANCE」もダンスシーンが多く、ダンスが得意とみられがちだが実はそうではないのだそうです。

1608人が応募した昨年の「」のオーディションで、ヒロイン候補者が8人に絞られた段階でも最もダンスが下手だったとか。
ヒロインに決まってから約1年間、過密な収録やリハーサルのスケジュールの合間に1回約90分のレッスンを週1〜2回受けるなど、猛特訓を積んで、最も難易度の高いシーンの収録を一発でクリア。

猛特訓中は、慣れない動きに腰に痛みが出て、1週間ほど収録を休んだこともあったそうです。

このダンスシーンは8月4〜9日の週に放送する予定

<榮倉奈々>「ダンサーでもやっていける」MAKIDAIが太鼓判 NHK朝ドラ「瞳」ダンス大会収録6月13日21時45分配信 毎日新聞
栄倉奈々ダンス特訓1年の成果…一発OK

★★★

榮倉奈々さん(瞳)★競い合うのはイヤ

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

榮倉奈々「結婚願望 今はない」

<NHK朝ドラ>「瞳」初回視聴率はワースト2位

榮倉奈々けんかで爆笑

来春のNHK連続テレビ小説『瞳』クランクイン! 2007年11月19日(月)

榮倉奈々、ダンスは吹き替えじゃない 「阿波DANCE」

“顔グロヒップホップ女王”榮倉奈々 映画「阿波DANCE」

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第67回「こんなに楽しく踊ったの久しぶり」

NHK連続テレビ小説「瞳」第12週「祭りにいけない」6/16〜6/21

NHK連続テレビ小説「瞳」第66回「」

NHK連続テレビ小説「瞳」第65回「本当の仲間はダンスでわかるよ・」

NHK連続テレビ小説「瞳」第64回「ゴールを決めて思いっきり走りなさい」

NHK連続テレビ小説「瞳」第63回「もうもうって牛みたいだ」

NHK連続テレビ小説「瞳」第62回「子供たちは長屋の子供」

NHK連続テレビ小説「瞳」第61回「じいちゃんが落ちた」


posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」ヒロイン・ 榮倉奈々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。