2008年06月10日

NHK連続テレビ小説「瞳」第62回「子供たちは長屋の子供」

勝太郎(西田敏行)さんは、6/8から公開されている話題の映画、三谷幸喜監督『ザ・マジックアワー』に暗黒街のボス役で出演しているそうです

★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

NHK朝ドラ「瞳」で勝太郎さん(西田敏行)が瞳と子供たちに読んでくれた詩

★★★

NHK連続テレビ小説第11週「じいちゃんのいない夏」第62回6/10(火)

★★★

ウメ(菅井キン)さんが、いなり寿司を届けてくれました。

勇次郎(前田吟)さんは・・

3人の子供達はこの長屋の子供たちだ、だから、勝太郎(西田敏行)さんが居ない間、みんなで助けるってのはどうだろう」

瞳(榮倉奈々)

「この間、倒れたとき、無理すると、結局みんなに迷惑かけてしまうてわかったので、今回は甘えさせてください、お願いします・・」

第6週・がんばりすぎました

★★★

さて、洋品店はどうしよう・・・

「時間割を作ろう」と勇蔵(安田顕)さん。

朝は・・・ごはんと洗濯だけなので瞳(榮倉奈々)3人の子供達だけでOK。夜勤明けのときは、恵子(宇野実彩子)さんが手伝ってくれるそうです。

そのあとは、3人の子供達だけで勉強。

10時になったら、洋品店開店・・・

もんじゃ焼き「あにおとうと」から月島のヒーロー、もんじゃのまこちゃん(小倉久寛)が来て、店を開けてくれます。

将太(中村咲也)友梨亜(森迫永依)はプールへ行き(11時半まで)、来年受験の明(吉武怜朗)くんは塾へ・・。

店番はウメ(菅井キン)さんが。

お昼ごはんは、まつりのママ(木の実ナナ)さんが届けてくれるそうです。(午後は、三味線のお稽古・・師範なのです)

午後は・・

瞳(榮倉奈々)は着替えを持って、勝太郎(西田敏行)さんの病院へ。

明(吉武怜朗)くんも塾の帰りに病院へ・・。

午後の店番は・・・時代劇の再放送が見たいというウメ(菅井キン)さんに代わって勇次郎(前田吟)さんが・・大忙しです・・

そこへ・・・・

瞳(榮倉奈々)!!!お父さんはどうなのっつ!!!」と、百子(飯島直子)さんが飛び込んできました。

左のひざの骨折、と聞いて・・ほっとした様子で座り込んでしまいました。家の中で転んだと聞き、

「なにやってんのよ、もーー!!!!」

「おかあさん、うちの手伝いをしてよ。」瞳(榮倉奈々)

「いままであのじいさんにどんな目にあってきたと思ってんのよー」
百子(飯島直子)さん

「おかあさん、じいちゃんのためじゃなくて、あたしと子供たちのために手伝いをしてよ。」瞳(榮倉奈々)

「わかったわよ」と百子(飯島直子)さん

百子(飯島直子)さんと、勝太郎(西田敏行)さんの仲直りのきっかけにもなればいいとみんなは考えていました・・・


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」・キャスト出演者

★★★

NHK連続テレビ小説「瞳」第61回「じいちゃんが落ちた」

NHK連続テレビ小説「瞳」第11週「じいちゃんのいない夏」6/9〜6/14

NHK連続テレビ小説「瞳」第10週「急ぎすぎた幸せ」6/2〜6/6


★★★

5/13(火)「スタジオパークからこんにちは」に百子(飯島直子)さんが出演
NHK「スタジオパークからこんにちは」に飯島直子さん登場、美しさを保つライフスタイルとは??


posted by NHK連続テレビ小説「瞳」 at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「瞳」・第11週「じいちゃんのいない夏」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。